メッセージ Message
メッセージ Message

代表者あいさつ

メッセージ Message

「トップマネジメント」という役割を、
 社会システムの中で健やかに続けていくために、
「組織」という生命体が元気に前進するために。

Human Capital Advisory Partners 株式会社 代表取締役

紫藤 由美子(しとう ゆみこ)

VUCA*ワールドと言われる昨今、底流にある組織の課題はますます複雑化し、見えにくくなっています。 (*Volatility – 不安定さ、Uncertainty – 不確実さ、Complexity – 複雑さ、Ambiguity – 曖昧さ)

そのような中、真のグローバル企業、すなわち、世界中どこでも、ひいてはいかなる環境・状況においても力を発揮し活躍できる人財が育つ組織となるために必要なものは次の3つです。

1)トップマネジメントのビジョンの明確化&共有

2)生産性・社員エンゲージメントレベルが上がる組織風土の醸成

3)マネジメント層の意識変容・進化

この3つが揃った時、組織の変容が加速していくという姿を私たちは多く見てきました。あたりまえのこと。そうかもしれません。ではどうしたら実現できるのでしょうか?
残念ながら、これらは、外部から与えられた戦略や、トップからの一方的な想いで実現できるものではありません。組織現状の見える化がされ、個々が自ら気づき、意図的意識的に関わり取り組み、そして継続的に行動していくことで初めて変容が起きていくものなのです。

私たちは、組織をひとつの生命体として考え、

トップマネジメントと組織の、意識と方向性を合わせること

生産性・エンゲージメントレベルが上がる、闊達なコミュニケーション文化の確立とチームダイナミクスを促進する組織風土を醸成すること

生命体である組織の中で、個々の細胞であるマネジメント層の取り組みを見える化し、行動することで結果を出すこと

のプロセスに向き合います。

プロフィール

東京にて三井不動産販売(株)[現・三井不動産リアルティ]に勤務後、”グローバルなビジネスの舞台で挑戦したい”という強い想いから、20代半ばで単身アメリカ・ニューヨークに移住。

12年にわたり、ニューヨーク・マンハッタンにおいて米国大手不動産企業に勤務、法人取引を行う。多国籍、多文化、そして世界で最も競争の激しい市場にて、企業経営者・経営層とのビジネスを通じ、グローバルビジネス、リーダーシップ、マネジメントについて学び実践。
その後勤務先であるInsignia/ESGの日本法人立上げのため駐在員としてニューヨークから東京へ。4年間 Insignia Japan [現・CB Richard Ellis Japan] の代表取締役を務める。

これらの経験の中で、経営者が担う、未来を創造する責任、組織全体の底上げを図る組織(チーム)ダイナミクスの強化の必要性、人の潜在力を最大限引き出すリーダーシップの重要性、を強く認識。

モルガン・スタンレー、コーポレートサービス事業部日本COO兼アジア全域情報リスクマネジメントの責任者の職責を経て2013年創業。

メンバーシップ

一般社団法人国際コーチ連盟日本支部理事長

米国国際コーチ連盟本部会員

在日米国商工会議所会員 / ウーマン・イン・リーダーシップ委員会委員

国際ポジティブ心理学協会準会員

人材育成学会会員

ジャパンAPT(MBTI認定ユーザー団体)会員

ニューヨーク不動産協会会員

学歴

テキサス大学 経営大学院 修了 – Naveen Jindal School of Management /
Management and Administrative Science - Organizational Behavior and Coaching (MS)

ニューヨーク州立大学 卒業 - Business Management (BS)